FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーイングがおこる時

来月に予定している夏休み木工教室の課題に、昭和なタイルのテーブルトップ
多角的に見て「重い」ということで却下され、「軽い」課題を考えることになった。

出来上がったものを見て、社内の人々からはブーイングが起こった。
T 「えー、I さんらしくないー」
T 「かわいいー、けどI さんが作ったとは思えないー」
Y 「・・・」無言(否定的なときは無言になるタイプ)

木製の枠に珪藻土を練ったものを流し、そこに自分の好きなものたちを埋め込んだり並べたりする
というものだ。
そういうことであれば。自然素材を使う家作りをコンセプトとしているわが社としては、やはり
浜辺で集めた貝殻や小石、または山で拾った木の実や小枝などを組み合わせて・・・さくっと作る。
100720-1.jpg
こんなのもあるし
100720-2.jpg
なんなら食べ物でも良いかも?だし昆布といりこでも面白そう

頭のなかでは一瞬のうちに完成形は出来上がったが、「それは手抜きじゃろ」と。
そうよね。物をつくる人間としてはもう一度考えなければ・・・。
そこで思いついたのはビーズ・・・これもそう珍しくはないけれどもわが社的には意外性がある。

100720-3.jpg
ええ、お肌の曲がり角も人生の曲がり角も曲がりましたが、何か?

100720-4.jpg
星の輝きは届かない
・・・瞳には届いてるけれど、カメラには届かないってことです。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。